無料Webセミナー【99%失敗しない 新規事業の創り方】開催中!!

連続起業家が教える「新規事業のネタをサクサク思いつく方法」

連続起業家が教える「新規事業のネタをサクサク思いつく方法」

記事の監修

株式会社リアルプロモーション 代表取締役松本剛徹

2011年に株式会社リアルネットを創業して、20代経営者ベストベンチャー30に選出される。
現在、全10事業を多角的に展開し、AI・教育・Webマーケティング・プロモーションなど4社を経営。
グループ年商は20億円を突破。事業売却や事業譲渡、会社売却を経験してきたシリアルアントレプレナー(連続起業家)として活躍中。

プロフィールはこちら

多角化経営者連続企業家が教える

99%失敗しない
新規事業の創り方無料オンライン講座

ファースト売上を得るまでの
全6ステップを無料公開中!

詳しくはこちら

新規事業の立ち上げで一番苦労するのは、なんといっても新規事業のネタ探しでしょう。

「儲かるネタさえ見つかれば、きっと新規事業は成功するのに」そんな風に考えているかたも多いはずです。

正直なところ、「新規事業のネタさえ見つかればうまくいく」というのも、かなりズレた発想ですよと言いたいところですが……

とはいえ、なにかしらのネタがなければ、新規事業が動き出さないのは事実です。まずはなんとかして、新規事業のネタを探しださなければなりません。

そこで当記事では、新規事業のネタを探すコツやネタ出し発想法などをわかりやすくご紹介していきます。ネタ出しに苦しんでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

新規事業のネタはこうやって見つけよう!

新規事業のネタはこうやって見つけよう!

具体的なネタ出し発想法を紹介する前に、まずは新規事業のネタ探しに関するコツを4点ほど解説します。

まずは自分が困っていることをピックアップ

普段私は相談を受けた経営者に対して、「新規事業のネタを見つけるなら、世の中の不平不満を探しましょう」とアドバイスすることが多いです。しかしそれと同時に、「経営者自身が困っていることはなにか」も、必ず確認するようにしています。

なぜなら、自分が困っていることを新商品(サービス)で解決できれば、それがそのまま商品を売り出すストーリーになるからです。

消費者は、どんなによい商品でも、そのよさを人から押しつけられたくありません。たとえその商品が自分の問題を解決してくれるとしても、売り込み臭がすれば買いたくない。それが消費者の心理です。

ところが、「その商品にあなた自身が助けられたストーリー」があれば、消費者はあなたに共感してくれます。

そして、「私を助けてくれたこの商品で、同じように悩んでいる人の役に立ちたい」というメッセージが消費者に届けば、おそらく多くの人があなたの商品を手にとってくれるはずです。

ということで、新規事業のネタを探す際には、自分の不平不満も必ずピックアップしてください。

世の中の不平不満を探してみる

さきほど、まずは自分が困っていることをピックアップしましょうという話をしました。しかし、ネタ出しの基本は、やはり世の中に溢れる不平不満のリサーチです。

世の中の人がどんなことに不平不満をもっているのかを徹底的にリサーチして、その解決策を新商品にする。その一連の流れが、新規事業を進めるベースになります。

私が普段使っているリサーチの方法は、全部で12個あります。もっとも基本となるのが、Amazonや楽天など大手ショッピングサイトのレビューチェックです。

今売れている商品のレビューをチェックしていると、時々星が1つしかないレビューを見かけます。売れているのに星1つしか評価がつかないのは、レビューをした人に相当不満が溜まっていると考えていいでしょう。

もし商品の基本コンセプトを大きく変えずに、その不満点を改良した商品があれば、市場に受け入れられる可能性はかなり高いと思いませんか。

もちろん、匿名でのレビューなので、そのレビューが正しいとは限りません。きちんと裏を取る必要はあります。それでもゼロから考えるよりは、成功の確率が大きくアップするのは間違いないでしょう。

◆リサーチに関する記事は、こちらもどうぞ

今流行っているものはなにか

新規事業のネタ探しをするならば、「今流行っているものはなにか」という観点からも、リサーチをかける必要があります。

いくら新規事業のよいネタになりそうなヒントを発見しても、それがあまり需要のない分野の話なら、ビジネスにするのはむずかしいでしょう。

その点、流行っている分野でネタが見つかれば、時代の流れがその新規事業を勝手に押し上げてくれます。

とはいえ、流行りの分野には競合も多く、すでに大企業が動き出しているケースも多いです。また、流行りの技術は移り変わりが早く、わずか数年でそのトレンドが下火になる可能性も少なくありません。

流行りの分野に注目はしつつも、過度な期待はもたないのが、賢いスタンスだと思います。

◆今注目の分野に関する記事は、こちらもどうぞ

自社のリソースを棚卸し

最初にお話しした「自分が困っていることをピックアップ」とも関連する話ですが、新規事業のネタは、案外既存事業に隠れていることが多いものです。

したがって、できるだけ早い段階で、自社のリソースを棚卸ししてみてください。既存事業になにか問題点がないか、自社リソースに不足していたり逆にムダだったりする箇所はないか、徹底的に洗い出しましょう。

また既存事業の棚卸しをすると、既存事業の経営状況が改善されるという、副産物的なメリットも期待できます。

さらにいうと、既存事業のリソースが明確になれば新規事業に流用できるリソースがわかり、ムダなコストをかけずにすみます。

なお実際の調査は現場担当者に任せてもよいですが、その結果をどのように計画へ反映させるかは、必ず経営者自身が判断するべきです。間違っても、担当者に丸投げするのだけは、避けてください。

新規事業の作り方無料オンラインセミナー

  絶対に知っておきたい!オススメ「ネタ出し発想法」

  絶対に知っておきたい!オススメ「ネタ出し発想法」

新規事業のネタを見つけるコツがわかったところで、いよいよ具体的なネタ出し発想法について解説していきます。今回紹介するのは、以下の3点です。

  • 3つの発想法
  • 3つのフレームワーク
  • どうしてもアイデアが出ないときの対処法

それでは、ひとつずつ解説していきます。

ネタ出しの基本「3つの発想法」とは

新規事業のネタ出しをするなら、できれば3つの方法をすべて試してみてください。3つの結果を組み合わせることで、より実現性の高い新規事業のネタが見つかると思います。

逆張り発想法

私は普段、「資金も知名度もない中小企業は、まずブルーオーシャン市場に参入するべき」という話をよくします。

そのための基礎となる考え方が、この「逆張り発想法」です。逆張り発想法というのは、文字通り、現在の市場と逆の視点からチャンスを探す方法になります。

逆の視点といわれてもピンとこないかもしれませんが、とくにむずかしいことはなにもしません。

たとえば、高血圧向けの商品が圧倒的に多いなか、低血圧で困っている人はいないかどうかを探ってみる。痩せたい人はたしかに多いが、逆に太れなくて困っている人はいないのだろうか。といったように、今主流になっている市場の逆を考えてみるのです。

別な記事でも引き合いに出しましたが、日清のカップヌードルなどは、逆張り発想の大成功例だと思います。お湯に入れて煮るのではなくカップにお湯を注ぐという発想は、ありそうでなかった、見事な逆張り発想ですよね。

私たちも、こういった成功の裏側にあるチャンスを、ぜひ貪欲に探していきましょう。

掛け算発想法

前述のとおり、現在の日本市場には、すでに多くの商品やサービスが展開しています。そういう時代に、あなただけのオリジナルアイデアを見つけるのは、ほぼ不可能といっていいでしょう。

そこでオススメなのが、既存のアイデアを複数かけ合わせて新しいアイデアを生み出す「掛け算発想法」です。組み合わせは自由。ヘタに制限を設けず、自由な発想で思いつくまま掛け算をしてみてください。

ただし私個人的には、下記にあげた2つのルールはできるだけ守るようにしています。

  • 既存事業を軸に、まったく関係ない異業種とのコラボを意識する
  • いっぺんに3つ以上の掛け算はしない

異業種には既存事業とは違う常識や発想があり、うまく取り入れられれば、これまでになかったアイデアが生まれる可能性も高いです。

また、一気に3つも4つも掛け算をしてしまうと、どこがうまく作用したかという検証ができません。発想は大胆に、でも検証は一つひとつしっかりとおこなっていきましょう。

モノマネ発想法

ここまでなんどもお話ししているように、資金も知名度もない中小企業がオリジナルのネタで新規事業を立ち上げるのは、かなり厳しいです。

それなら「今うまくいっている企業のマネをすればよいのでは」というのが、モノマネ発想法の出発点になります。

もちろんあまりにもマネしすぎると、単なる「パクリ企業」と認定されてしまい、ひんしゅくを買って終わりでしょう。マネするのはあくまでもその事業のよい部分だけ、あとはいかにセンスよく、小さな差別化を組み合わせていくかが勝負になります。

また、あまりにも先行している企業をマネしても、追い越すのは現実的にほぼ不可能です。まだ世の中にそれほど認知されていない優良企業を、モデル企業にしていきましょう。

◆発想法に関する記事は、こちらもどうぞ

やり方が決まっているから簡単!オススメのネタ出しフレームワーク

前述の発想法以外に、フレームワークとよばれる発想法もネタ出しにはオススメです。ここでは、オススメのフレームワークを3点紹介していきますが、まずは私がどのように3つのフレームワークを使いわけているのかを簡単にまとめておきます。

  • マインドマップ:自分の思考を整理したい場合
  • オズボーン・チェックリスト:逆張りの観点から気楽にネタ出しをしたい場合
  • マンダラート:必要事項を検討したい場合(マインドマップでも代用可能)

それではひとつずつ見ていきましょう。

マインドマップ

マインドマップ

参考:Buzan Mind Map Proficiency

マインドマップは、イギリスの教育コンサルタント「トニー・ブザン」が開発した発想法です。

私たちの頭のなかでは、ふと浮かんだトピックを起点にさまざまな連想が広がり、思考は無限に広がっていきます。

おそらくその思考は論理的かつストレートに進行するのではなく、関連事項や関係ないことにも寄り道しながら、目まぐるしく移動を繰り返しているはずです。

だから、せっかく思いついたアイデアも、少し時間が経てばすっかり忘れてしまいます。ところがマインドマップを使うと、思考の流れを枝葉のように図示していくので、取り散らかった自分の思考がひと目でわかります。

これなら、せっかく思いついた新規事業のネタを、途中で見失う心配がありません。今は「MindMaster」のような、無料で利用できるツールもあるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

新規事業の作り方無料オンラインセミナー

オズボーン・チェックリスト

以前別な記事でも紹介しましたが、オズボーン・チェックリストは、9つの項目に沿ってアイデアを展開していく発想法です。

「ほかのものに代用したらどうなる?」というように、検討の方向性があらかじめ決められているので、悩んだり迷ったりする時間的ロスが少なくて済みます。

またなにか軸となるアイデア(既存事業関連など)がある場合は、そのアイデアをさまざまな角度から検証できるため、これまで思いもつかなかったネタが生まれやすいです。

新規事業のネタを考えるとどうも途中で詰まってしまうという人にとって、このオズボーン・チェックリストは、かなり使えるフレームワークだと思います。

◆フレームワークに関する記事は、こちらもどうぞ

マンダラート

マンダラート

参考:スポニチ 『大谷 花巻東流 “夢実現シート”高1冬は「ドラ1・18球団」』

9マス(3×3)の四角を9つ並べて、必要事項を書き込みながら思考を広げていくのが、「マンダラート」です。まず、中心のマスに新規事業のネタ候補を書き込みます。そして、そのネタを実現するための必要事項を周りに配置。(8マス分)

さらに今度は、さきほど書いた8マス分の必要事項を外側のマスの中心に書き込み、再度関連事項を8マス分埋めていきます。あとは、思考が続く限り、上記作業を繰り返すだけです。

マンダラートのいいところは、新規事業の実現に必要な事項が、段階を追って明確化されていくところでしょう。

ちなみに、今をときめく大谷翔平選手も、高校生のときからマンダラートを使用していました。「ドラフト1位指名18球団」を目標に、マンダラートで必要な事項を明確にしていたそうです。

メジャーで驚くべき結果を出し続けている大谷選手も使っていたと聞けば、私たちも余計に活用してみたくなりますよね。

なお一説によると、マンダラートはマインドマップとの相性がよいらしく、併用するとより効果が見られるそうです。余裕のある人は、ぜひ両方試してみては。

どうしてもよいアイデアが出ないときは、場所と時間を変えてみよう

ここまで、発想法とフレームワークを3つずつ紹介してきました。これらは、アイデアを出しやすいように工夫された素晴らしい手法ですが、それでもなかなかアイデアが思い浮かばないときもあるでしょう。

そんなときは、思い切って場所と時間を変えてみるのがオススメです。

ものごとを深く考えるには、静かな場所でひとりじっくりと過ごすと、効率がアップする気がしませんか。しかし実際には、落ち着きすぎても、眠くなったりSNSが気になったりといった誘惑が多いもの。適度に騒がしいカフェや図書館のほうが、案外集中できることも多いです。

また場所同様、時間を変えてみると、発想に新たな刺激が生まれます。単純に考えて、真っ暗な夜中と明るい太陽の下では、気分も見えてくるものも同じわけがありません。

ぜひ、場所と時間を臨機応変に切り替えて、斬新な発想を生み出していただければと思います。

まとめ

新規事業を計画している人にとって、新規事業のネタ探しは、じつに頭の痛いところだと思います。しかし、今回ご紹介した6つの発想法をうまく活用できれば、これまでよりも楽に新規事業のネタが見つかるのではないでしょうか。

新規事業は、ネタを見つけてからがスタートです。ビジネスコンセプトやビジネスモデルの構築、販売方法の検討など、これからやるべきことが山程あります。

限りある時間をムダにしないためにも、ぜひ自分に合った発想法を見つけ出し、ドンドン活用してください。

》》新規事業の創り方Webセミナー