無料Webセミナー【99%失敗しない 新規事業の創り方】開催中!!

連続起業家が教える。億単位の儲かるビジネスを立ち上げる6つのポイントとは

あなたのビジネスは、儲かるビジネス5原則に当てはまっているか?

記事の監修

株式会社リアルプロモーション 代表取締役松本剛徹

2011年に株式会社リアルネットを創業して、20代経営者ベストベンチャー30に選出される。
現在、全10事業を多角的に展開し、AI・教育・Webマーケティング・プロモーションなど4社を経営。
グループ年商は20億円を突破。事業売却や事業譲渡、会社売却を経験してきたシリアルアントレプレナー(連続起業家)として活躍中。

プロフィールはこちら

多角化経営者連続企業家が教える

99%失敗しない
新規事業の創り方無料オンライン講座

ファースト売上を得るまでの
全6ステップを無料公開中!

詳しくはこちら

「ビジネスを立ち上げるなら、できるだけ早く儲けたい」

「どこかすぐに、儲かるビジネスはないだろうか」

そんなことを考えながら、儲かるビジネスを毎日リサーチしているかたは、たくさんいらっしゃると思います。

一般的に、「新規ビジネスのほとんどはうまくいかない」といわれることが多いです。しかしポイントさえ押さえておけば、儲かるビジネスを見つけるのは、それほどむずかしいことではありません。

今回は、儲かるビジネスの5原則と儲かるビジネスに必須のポイントを6つほど、グループ年商20億円企業のオーナーである松本剛徹が紹介していきます。

儲かるビジネスをリサーチ中のかたは、必見ですよ!

あなたのビジネスは、儲かるビジネス5原則に当てはまっているか?

現在のビジネスシーンは、非常に移り変わりが激しくなっています。以前なら10年続いた事業も、今や5年も保たずに賞味期限が過ぎてしまう有様です。

そういった時代には、儲かるだけでなく、失敗しないリスクの少なさをもっと考慮しなければなりません。今回はそういったポイントを踏まえた「儲かるビジネス5原則」を、解説していきます。

  • ライバルが少ない
  • 利益率が高い
  • 少資本でスタートできる
  • 在庫がない(少ない)
  • リピートが見込める

それではスタートです。

ライバルが少ない

資金の少ない中小企業(個人)が、儲かるビジネスを立ち上げるには、戦う市場選定が非常に重要です。

これからあなたは、儲かるビジネスをいろいろとリサーチしていくと思います。しかし儲かるビジネスを見つけても、ライバルの多い、いわゆる「レッドオーシャン市場」なら手を出さないほうが無難です。

資金力や知名度に勝る先行企業に勝つのは簡単ではありませんし、たとえ市場に食い込んでも価格競争に巻き込まれ、長期的なビジネスの継続には大きな苦しみをともないます。

一方で、ライバルの少ない「ブルーオーシャン市場」なら、比較的容易にシェアを奪えるはずです。

また、一度ブルーオーシャン市場でトップ企業になれば、世間的な知名度がつきます。そうなれば、今度は少々のレッドオーシャン市場なら、十分に戦っていけるはずです。

ただし、あまりにもニッチすぎる市場だと、シェアを取っても利益ベースに届かない可能性があります。そのため、市場の選定には十分な注意が必要です。

◆ニッチ市場に関する記事は、こちらもどうぞ

利益率が高い

利益率の高さも、儲かるビジネスには欠かせない要素といえます。なぜなら「薄利多売」では、企業体力のない中小企業の経営はすぐに行き詰まるからです。

薄利多売は、完全に大手企業の戦略です。もっともモノが余り、人口が大きく減少するこれからの日本では、大手でも厳しいですけどね。

では儲かるビジネスの利益率は、どのくらいを基準にすればいいのでしょうか。

これはなかなかむずかしい問題で、業界によっても大きく基準は異なります。粗利で経営状態の話をしてくる人も多いですが、それこそ粗利は業界差が大きく、基準はマチマチです。

個人的な見解としては、どの業界でも、できれば経常利益の10%を目指してもらいたいと考えています。こういった数字に関する話は、とてもここでは書ききれませんので、また別の機会に詳しくお話ししたいですね。

今すぐ知りたい!という方は下記のリンクからどうぞ。
》》新規事業の創り方Webセミナー

少資本でスタートできる

起業を志す者ならおそらく誰でも、「GoogleやAppleのような儲かるビックビジネスができたらいいのに」と思っているはずです。

しかしどう考えても、私たち中小企業が、いきなり規模の大きいビジネスに参入するのはムリがあります。資金のない企業は、とにかく少資本でスタートできるビジネスを探さなくてはなりません。

また初期投資が多ければ、それだけ借り入れが増えます。すると資金回収までの期間が、その分長くなるわけです。

現代ビジネスのトレンドは驚くほどの速さで移行しており、ヘタをすると、資金回収の前に事業トレンドが終わる可能性もあり得ます。

そういったリスクを考えると、固定費の少ないIT関連や、今流行りのサブスクリプション型ビジネスはオススメです。

新規事業の作り方無料オンラインセミナー

在庫がない(少ない)

儲かるビジネスでは、過剰な在庫はNGです。できれば、まったく在庫がないビジネスを選びたいところですが、物販系の場合はそうもいかないでしょう。

物販系ビジネスでは、商品が足りなくて売れるチャンスを逃すことのないように、常時一定数の在庫を保管する必要があります。つまり物販は、在庫を現金化する仕事ともいえるわけです。

しかし商品は売れない限り、利益を生み出しません。どんなに利益率の高い商品でも、在庫はお金を倉庫に眠らせているのと同じなのです。

以下に在庫のデメリットをあらためてまとめておきます。

  • 商品が売れないとキャッシュフローが悪化する
  • 倉庫の管理費や人件費が高額になる
  • 長期在庫品は、割引しないと売れない場合がある
  • 経年劣化により、商品価値がゼロになるケースがある
  • 決算時期の在庫により、税金が高くなる可能性もある

こうしてみると、本当に過剰な在庫は怖いですね。

◆在庫に関する記事は、こちらもどうぞ

リピートが見込める

もしかすると今回の話が、儲かるビジネスに一番必要なポイントかもしれませんね。その重要なポイントというのは、「できるだけリピートが見込める商品を選ぶ」です。

不動産仲介のように1回の利益が大きくても、毎回新規開拓の必要があるビジネスは、やる人を非常に選びます。

そういう意味では、日用消耗品のような定期的にリピートが生まれる商品は、なかなか堅実なビジネスモデルだと思いますね。

今は時代と合わなくなっていますが、新聞社があれほど大きくなったのは、定期購読というリピート性をもつビジネスモデルだったからです。

現在なら、月額や年額料金でサービスを利用する「サブスクリプション型ビジネス」が、リピートビジネスの王道でしょうか。NetflixやApple Musicのようにはいかないとしても、私たちも積極的にリピートビジネスを検討するべきです。

◆リピートに関する記事は、こちらもどうぞ

儲かるビジネス6つのポイント

儲かるビジネス6つのポイント

ここまで、儲かるビジネス5原則を解説してきましたが、ここからはもう少しこまかいポイントを6つご紹介していきます。

  • 不満の解決にチャンスがある
  • うまくいっているビジネスの、よいところを真似してみる
  • これからはネットを主戦場として展開するべし
  • 返済の負担が少ない資金調達方法を選ぶ
  • まずは既存事業の関連分野をリサーチ
  • 儲かるビジネスはタイミングが命

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

1.不満の解決にチャンスがある

儲かるビジネスをやりたいなら、世の中の不満を調べて、その不満を解決する商品(サービス)をつくりましょう。

よく「俺はこのビジネスがやりたいんだ」という人がいます。しかし正直言って、やりたいことに固執する人は、高い確率で失敗すると思います。なぜなら、そのビジネスが世の中に必要とされる保証がまったくないからです。

その点、不満を解決する商品は、景気に関わらずよく売れます。不満に苦しんでいる人は、その不満を解消してくれる商品には、お金を惜しみませんからね。

もちろん綿密なリサーチは必要ですが、ぜひ「不満の解決はビジネスチャンス」だと、頭に入れておいてください。

2.うまくいっているビジネスの、よいところを真似してみる

前述のとおり、自分のアイデアに固執しすぎると、ビジネスはうまくいきません。そもそも、モノやサービスが溢れかえる現代の日本では、まったくのオリジナルアイデアなどないと思っておくべきでしょう。

その代わり、オススメしたいのが、うまくいっているビジネスの真似です。真似と聞くと、あまりよいイメージはないかもしれません。

しかし中小企業や個人は資金に限りがあるので、試行錯誤を繰り返す時間と手間は、少ないほうが有利です。

となるとゼロから立ち上げるよりも、今うまくいっているビジネスのよいところを真似したほうが、成功の確率が大きくアップするのはご理解いただけるでしょう。

あのセブン-イレブンだって、元は海外のビジネスです。ユニクロも、香港のアパレルメーカーを参考にして、今のユニクロを立ち上げました。

私たちも、先行企業の真似を積極的にしていくべきです。それが後発企業の特権なのですから。

◆モノマネリサーチに関する記事は、こちらもどうぞ

3.これからはネットを主戦場として展開するべし

これからのビジネスは、ネットを主戦場として展開するべきです。店舗を出せば、社会的な見栄えはいいかもしれませんが、なにせコストがかかります。

ましてやコロナウイルスで積極的な外出が奨励されていない現状では、実店舗ビジネスはリスクが高すぎるでしょう。

ネット販売と聞けば、まず「自社メディア(オウンドメディア)でのネット販売」が思い浮かびます。Amazon・ニッセンなど通販大手をはじめ、今や自社メディアのない企業はまず考えられません。

また、前に紹介した定額課金型「サブスクリプション」は、今もっとも勢いのあるネットビジネスモデルです。

前述のAmazonを例にすると、私がすぐに思いつくだけでも、以下のような複数のサブスクリプションサービスを展開しています。

  • 動画定額サービス「 Prime Video」
  • 本の定額サービス「 Kindle Unlimited」
  • 音楽の定額サービス「Music Unlimited」
  • オーディオブック定額サービス「Audible」など

サブスクリプションのよいところは、一度契約したら長期間利用する人が多いところです。毎回新規利用客を募集する必要がない(実際は常時募集していますけど)のは、営業力の弱い中小企業にとって、本当に大きなメリットだと思います。

なおネット展開をするなら、ネット広告についても、精通しておきたいところです。ここでは詳しく解説しませんが、気になる方は、まず関連書籍を2〜3冊読んでみてください。

新規事業の作り方無料オンラインセミナー

4.返済の負担が少ない資金調達方法を選ぶ

儲かるビジネスを構築するには、余計な支出を極限までカットする必要があります。そういう意味では、ビジネスの立ち上げに必要な資金の調達も、できるだけ返済の負担が少ない方法を選ばなければなりません。

基本となるのは、公的機関である「日本政策金融公庫」による融資です。ほかの金融機関よりも金利が安く、融資条件も緩やかなので、とにかく真っ先に検討してください。

ただ、返済の負担が少ないという面でいえば、国の補助金を利用するのも賢い方法です。たとえば、経済産業省による「ものづくり補助金」なら、最大1,000万円の補助が受けられます。

なにより、補助金は返済の義務がありません。いうなれば「もらえるお金」ですから、ぜひ積極的に利用を検討しましょう。

◆ものづくり補助金に関する記事は、こちらもどうぞ

5.まずは既存事業の関連分野をリサーチ

もし今別な事業をおこなっているなら、新規事業はできるだけ、既存事業の関連分野で展開したいところです。なぜならば、既存事業の関連分野なら、今もっているリソース(知識・技術・設備など)を転用できるからです。

知らないことを新しく勉強するのも大事ですが、起業では勉強よりもやるべきことはたくさんあります。また、あらたに設備を購入するにしても、多額の資金が必要です。

そういった「直接利益に関係ないところ」を極力カットするためにも、できるだけ、今あるものを使ってビジネスを立ち上げる意識をもちましょう。

6.儲かるビジネスはタイミングが命

ここまで、儲かるビジネスに必要なポイントを、たくさん解説してきました。しかし「儲かるビジネスでもっとも重要なものは?」と問われれば、私は「タイミング」と答えるでしょう。

どんなによい商品でも、どんなに優れたビジネスモデルでも、参入するタイミングが悪ければ、まずうまくいきません。

ビジネスには、大きく4つのサイクルがあります。

  1. 導入期
  2. 成長期
  3. 成熟期
  4. 衰退期

前述のブルーオーシャン市場を狙うなら、本来は「導入期」がベストです。まだ手つかずの市場なので、有望なライバル企業はほとんど存在しません。

しかし導入期の商品(サービス)は、世の中のほとんどが知りませんから、普及させるためのコストが非常に高くつきます。

これが成長期に入ると、一気に商品が普及しだします。しかし取り扱う企業も増えて、資金のない人にとっては、かなり参入が厳しくなる時期です。

成熟期と衰退期は、当然参入時期としては、適当ではありません。

つまり儲かるビジネスを手にしたいなら、導入期と成長期の間にあるわずかな期間に、絶妙のタイミングで参入するのがベストなわけです。

やり方によっては、あえて「成熟期後半〜衰退期」に仕掛けるほうがよいケースもありますが、まず真似しないほうが無難でしょう。

とにかく、儲かるビジネスは「導入期と成長期の間に参入する」

これを目標に、ブルーオーシャン市場の制覇を目指していきましょう。

まとめ

「儲かるビジネスなんて、そう簡単に見つからないよ」そう悩む起業者は少なくありません。しかしそれは、成功のためのポイントを知らないだけです。

今回解説した5原則と6つのポイントを突き詰めれば、あなたのビジネスは必ず儲かります。

儲かるビジネスのポイントについて、さらに詳しく知りたいかたは、これまで億単位のビジネスを10個以上立ち上げてきた松本剛徹がお送りする「無料Webセミナー」にご参加ください。あなたのご参加を心よりお待ちしています。

》》新規事業の創り方Webセミナー